屋外設置の防犯カメラとしてソーラー式ダミーカメラがおすすめな理由

仕事や旅行などで家をあける際に、最も気をつけたいのは空き巣などに入られることです。

どれだけ念入りに戸締まり確認しておいたとしても、いつ泥棒がガラスを割って家に侵入してくるのかは分かりません。

そのため、日頃から戸締まり確認以外の防犯対策にも力を入れておく必要があります。

空き巣などの被害にできるだけ遭わないようにするためには、どうすればよいのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、家に侵入して金品を盗んでいく空き巣犯には「防犯カメラ」が最も効果的です。

家の外から見える位置に防犯カメラを設置しておくだけでも、空き巣犯を威嚇することができます。

とはいえ急に「防犯カメラを設置しましょう」と言われても、

どんな防犯カメラをどこに設置するのが効果的なのか分からなければ意味がないです。

そこでこの記事では、防犯カメラの必要性について具体的に解説した上で「おすすめの防犯カメラ」を紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう。

 

防犯カメラの必要性はどれくらいある?

本格的に空き巣対策をしたいなら、防犯カメラの設置は必須となるでしょう。

防犯カメラは、家の玄関などに設置しておくだけでも、空き巣犯などに威嚇効果を発揮してくれます。

プロの空き巣犯は、侵入しやすい家とそうでない家を昼間に選別するので、

外から見える位置に防犯カメラを設置しておけば、それだけで空き巣に入る家から除外されるようになります。

万が一、防犯カメラに気づかず空き巣に入られたとしても、

侵入の様子はバッチリとカメラに収められるので、すぐに犯人を見つけることができます。

このことからも言えますが、防犯対策を徹底して行いたいなら、やはり防犯カメラは必要になってくるでしょう。

防犯カメラを設置する前に知っておきたいこと

ここまで記事を読んで、防犯カメラを設置しようと思った方は、少し待ってください。

防犯カメラを設置する前に、いくつか事前に知っておいてほしいことがあるので確認しておきましょう。

具体的には以下のとおりです。

 

導入コストが高い

防犯カメラを業者に頼んで取り付けてもらう場合、

電源工事などもコミコミの料金を支払うことになるので、導入費用だけで50,000円以上かかるのが相場となっています。

ネット上を検索すると10,000円台の防犯カメラも見つかりますが、

そういった商品の取り付けなどは専門的な知識を持っている人でなければできませんので、結局業者に依頼する子になってしまいます。

 

撮影範囲が限られる

どんなに高機能の防犯カメラであっても、一定の範囲内しか録画することはできません。

ですから本格的に防犯対策をしたいなら、防犯カメラを複数設置する必要があります。

先程解説したように防犯カメラは一個あたりの値段が高いので、複数の防犯カメラを一般家庭が設置するのは難しいです。

一台の防犯カメラで空き巣対策をしたいなら、家の外からよく見える場所に設置するようにしてください。

 

おすすめはソーラー充電式ダミーカメラ

ここまで読めば分かりますが、防犯カメラは空き巣対策に高い効果を発揮してくれますが、

導入・維持費用ともに高く付くので、一般家庭が設置するのは少しハードルが高いです。

しかし、これはあくまで普通の防犯カメラの場合です。

録画機能はないものの、防犯カメラと同じように空き巣犯に対する威嚇効果を発揮してくれるダミーカメラなら、導入も楽ですし、維持費用もかかりません。

特におすすめなのはこちらのダミーカメラです。

3パターンのセンサーライトで夜間を照らす

こちらのダミーカメラにはセンサーライトがついているので、

昼間は防犯カメラの見た目で空き巣犯を威嚇し、夜間はセンサーライトの光によって高い防犯効果を発揮してくれます。

①動きを感知して発光したあと弱い光で発光し続ける。

②動きを感知して発光したあと消灯する。

③弱い光で常時点灯。

この商品には、上記のような3つの発光パターンがあるので、使用用途によって使い分けることもできますよ。

 

ソーラー充電だから電源工事が不要!

こちらのダミーカメラはソーラー充電式となっているので、面倒な電源工事をする必要はありません。

センサーライトに使う電力を太陽光から発電するため、電源工事を業者に頼む必要はなく、誰でも簡単に取り付けることができます。

太陽光のエネルギーで電力を発電するので、電気代がかかることは一切なく、とても経済的です。

短時間で効率よくたくさんの電力が発電されるようになっているので、夜間に充電が切れることもありませんよ。

 

本体価格が安い

この価格は本物の防犯カメラと比べると、圧倒的に安いですね。

防犯カメラのように録画機能はありませんが、見える位置に設置しておくだけでも防犯対策になるので、

それほどこだわりがなければこちらのダミーカメラで十分ですよ。

 

ソーラー充電式のダミーカメラはどこに設置すれば良いのか?

ソーラー充電式のダミーカメラは、家の外から見える位置かつ日当たりのいい場所に設置するようにしましょう。

ダミーカメラには録画機能がありませんので、その使用用途は主に空き巣犯などに対する威嚇となります。

また、ソーラー充電式の場合、日光にあたる場所でないと充電されません。

以上の理由があるので、ダミーカメラは家の外から確認できて、日当たりのいい場所に設置するようにしてください。

 

電源不要 ダミーカメラ センサーライト 屋外 ソーラー

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

 

まとめ:迷ったらソーラー充電式ダミーカメラを設置!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

徹底的に防犯対策するなら防犯カメラの設置が必須ですが、

導入・維持費用が高いので一般家庭が導入するのは少しハードルが高いです。

なので、防犯カメラを設置しようか迷っている方は、

価格が安く・ソーラー充電式で電源工事が必要ないダミーカメラを検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!