空き巣撃退!防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスどれを使うべき?

空き巣の侵入経路として最も多いと言われているのがガラス破りです。

一般的なガラスは専用工具さえあれば簡単に破壊することができてしまい、防犯性は低いといえるでしょう。

しかしガラス破りを防いで空き巣の侵入を防ぎたいところです。

今回は、防犯対策に使われる防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスについてご紹介します。

防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスを比較

空き巣はガラス破りのほかにピッキングや壁を破壊して室内に侵入しようとしますが、

モタモタしていると犯行を気づかれる可能性が高く、室内の侵入には5分以上の時間かけるとリスクが大きくなります。

そう考えると、空き巣がガラスを破るのに時間がかけさせることで犯行を防ぐことができるのです。

ここでは防犯で効力を発揮する防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスを比較してみましょう。

 

防犯ガラスとは

防犯ガラスは、破られるまでに時間がかかるように加工されたガラスのことをいいます。

ガラスの加工のされ方はメーカーによって異なりますが、2枚の板ガラスの間に特殊フィルムや金属が挟まれており、

ガラスに加熱・圧着されていることで強度が増しているのです。

鈍器を使ってガラスを破ろうとしても簡単に割ることはできませんので、室内に侵入するまでには時間がかかります。

挟み込むフィルムは1mm前後の厚さですが、メーカーによって厚さは前後します。

フィルムが分厚いほど破壊されにくい防犯ガラスとなるのです。

防犯ガラスは衝撃を吸収し、鈍器を貫通するのを阻止します。

さらに防犯ガラスは事故・震災のときもガラス破片が飛び散ってけがをするような事態を防ぐことができるのです。

防犯ガラスは破ろうとすると大きな音が発生してしまいますので防犯効果が高いといえるでしょう。

 

防犯フィルムとは

窓を破られたり、切断されることを防ぐのが防犯フィルムです。

空き巣は窓の鍵に近い部分を破壊し、そこから手を入れて鍵をあけて侵入を試みます。

そのことをご存じの方は、鍵の周辺部分に防犯フィルムを貼られる方がいらっしゃいますが、

防犯フィルムを一部分だけに貼ったとしても十分な効果を得ることができません。

防犯フィルムは、窓一面にすき間を作ることなくぴったりと貼りつけることで効果を発揮するのです。

防犯フィルムを選ぶ場合は350ミクロン以上の厚さものを選びましょう。

350ミクロンより低いものを選ぶと、防犯フィルムの効果を発揮するというよりかは、

窓を破られたときのガラスの飛散防止の効果しか得られません。

300ミクロン以下の防犯フィルムになると、お見舞い保険が付帯してこないのです。

高性能フィルムにはお見舞い保険が付帯しており、第三者により窓が破壊された場合は見舞金が支払われます。

見舞金の支払いには条件があり、保険を適用させるにはメーカーにハガキを通じて登録しておく必要があり、

多くのメーカーではハガキが送付されてから1年間を保険有効期間としています。

ただ防犯フィルムを貼るときは、あなたの家のガラスの厚さを確認する必要があります。

防犯フィルムを貼る場合は5mm以上のガラスの厚みがあったほうが効果的なのです。

一般的な住宅の窓ガラスは3~5mmですので、防犯フィルムを貼る前に窓の厚さを測りましょう。

もし窓の厚みが3mmに満たない場合は、防犯フィルムを施工することはおすすめできませんので、まずは窓そのものを交換することをおすすめします。

 

 

強化ガラスとは

強化ガラスは、700度以上に熱したガラス表面を一気に冷気を当てて冷やすことで、表面に圧縮層をもたせたガラスのことをいいます。

一般的なガラスより3~5倍の強度をもち、ガラスを破ろうと思っても簡単に破壊することはできません。

その強度の特徴から亀裂や欠けが生じると、そこから一気に亀裂が広がる可能性があることは知っておく必要があるでしょう。

ガラス強化だけでは不十分?!防犯カメラで自宅を守ろう!

一般的なガラスに防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスを施工することで、防犯対策を施せることは間違いありません。

ただそれらの防犯対策は、時間をかけることで窓を破られてしまうことになり、室内に侵入される可能性が十分にあるのです。

これでは自分の家がきちんと守られているとはいえません。

そこでおすすめするのが防犯カメラの設置です。

防犯カメラを設置することで、自分の家の窓が破られようとしているときも、その様子をずっと監視してくれます。

監視している映像はすべて防犯カメラに記録されますし、空き巣にとって防犯カメラの存在はかなり嫌な存在であることは言うまでもありません。

家の外部・内部に防犯カメラを設置しておくことで、空き巣被害の抑止力になることは間違いないでしょう。

防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスを破ろうとしている間に、防犯カメラは空き巣の姿をばっちり記録してくれます。

家の出入り口や窓があるところには防犯カメラを設置しましょう。

 

200万画素 防犯カメラ SDカード 録画 有線 屋外 防水

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

 

まとめ

今回は、防犯対策に使われる防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスについてご紹介しました。

防犯ガラス・防犯フィルム・強化ガラスは破るのに時間がかかることから、空き巣の部屋への侵入を諦めさせることができます。

万が一、諦めの悪い空き巣だったとしても、防犯カメラを設置しておけば空き巣の様子を記録することができますし、犯人逮捕への証拠へつなげることができるでしょう。

今回の記事を参考に、あなたの家のガラスを交換し、防犯カメラを設置してください。

 

最新情報をチェックしよう!