屋外に設置可能!SDカードで録画できる防犯カメラのメリットとは?

屋外に防犯カメラを設置して、もしものときに証拠を抑える用意をしたいところですが、ハードディスクを装備した録画機が必要だったりと大掛かりな工事や費用が必要です。

そこで活用できるのが、カメラ本体にSDカードを内蔵して、映像を録画することができる防犯カメラです。

防犯カメラ本体のmicroSDカードに映像を記録することができますので、ハードディスクレコーダーが必要なく、複雑な配線工事や取り付け工事費用を抑えることができます。

今回は、屋外に設置できるSDカード録画ができる防犯カメラのメリットと合わせてデメリットについてご紹介します。

 

SDカードで防犯カメラ録画映像を記録するメリット

防犯カメラの映像をSDカードに録画するメリットにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

 

映像記録を保管することが可能

販売されている防犯カメラにはSDカードに録画可能なものがたくさんあります。

SDカードには最大容量がありますが、容量がいっぱいになっても上書き機能がありますので安心ですし、

もし事件が起こったときはSDカードを取り出し、パソコンなどで簡単に映像を確認することが可能です。

 

取付が簡単

防犯カメラは、コンセントから電源が確保するタイプのものだけではありません。

電池式カメラやソーラーパネルで稼働する防犯カメラも普及しており、

これらの防犯カメラは電源の配線が必要ありませんので、簡単に防犯カメラを設置することが可能です。

取付しやすい場所に防犯カメラを設置すると、SDカードの取り付けも簡単になるということです。

 

サイズが小さいため扱いやすい

ご存じの通りSDカードのサイズはとても小さく、とくにmicroSDカードは指先に乗るほど小さいサイズをしているため、録画した映像を保管するのに困りません。

microSDカードが普及していることで、小型の防犯カメラでもmicroカードでも使用可能になっています。

小型の防犯カメラは、従来の大きさの防犯カメラより小さいため、見た目で威嚇することは難しいですが、小さい分防犯カメラを目立たせなくできるため、監視効果を十分に発揮してくれるでしょう。

 

 

SDカードで防犯カメラ録画映像を記録するデメリット

続いて、防犯カメラの映像をSDカードに記録するデメリットについてみていきます。

 

防犯カメラにSDカードを取り付けるリスクが大きい

防犯カメラが手に届きやすいところに設置されていれば、SDカードの取り付け・取り外しは簡単です。

しかし手の届きやすいところに防犯カメラが設置されていると、第三者がSDカードを取り外して犯行に及ぶ可能性が高まります。

SDカードを取り出されてしまうと、せっかくの映像記録がなくなってしまい、防犯カメラの効果を発揮できなくなるでしょう。

基本的に防犯カメラは手の届きにくいところに設置するため、SDカードを取り付け・取り外しするのはリスクが大きくなるのです。

 

SDカードの録画時間が短い

SDカードはHDDのように長時間の映像記録は難しいです。

防犯カメラで使用できるSDカードは容量が小さいものが多く、比例して長時間録画することができません。

ハードディスクと比べても録画できる時間が短いのがデメリットといえます。

 

SDカード使用可能な防犯カメラでおすすめはこれ!屋外の様子も録画しよう!

こちらの防犯カメラは、microSDカードを本体に挿入して録画が可能です。

そして、最大128GBのmicroSDカードまで対応し、最大26時間のフルタイム連続録画が可能です。

基本的には、動体検知録画で利用することが多いですから、26時間をあっというまに使ってしまうことはありません。

また、26時間録画した場合でも、上書き録画しますので、古い記録映像から上書きしますので録画ストップの心配はありません。

 

200万画素 防犯カメラ SDカード 録画 有線 屋外 防水

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

録画モードは、動体検知録画以外に、フルタイム録画、リモコンで操作するマニュアル録画の3つがあります。

動体検知録画は、カメラの前に動体があったときだけ、録画をスタートして、動体がある限り、録画し続けるモードです。フルタイム録画とは、ずっと録画しっぱなしということになります。

さらに、リモコンをカメラに向けて操作すれば、録画のマニュアル操作や各種操作ができるという他にはないものです。

 

気になる録画画素数は、フルハイビジョンの200万画素。

低画素数のものと比べると圧倒的に精細な証拠映像を記録できますから、いざというときの証拠としては確かなものとなります。

 

IP66レベルの防水、防塵設計。

心配することなく、屋外に設置することができます。microSDカードを挿入する際に開ける蓋の溝には、シリコンゴムリングなどが採用されており、雨水の侵入を完全に防いでいます。

 

複雑な設定が不要

また、Wifiカメラとちがって複雑なネットワーク設定や、ネットワーク上のトラブルがありません。インターネット環境がない場所でも使えるというのも大きなメリットです。Wifiカメラでないという点は、だれにとっても、わかりやすい仕組みで、使い勝手のよい防犯カメラといえます。

 

暗視撮影

夜間は、赤外線を発光しながら、暗視映像を撮影しますが、動画を見るとかなり明るい暗視映像を記録することが分かります。

 

プレイバック

専用ケーブルを利用して、モニターに接続しながら利用すれば、録画された映像をリモコン操作で、モニターで見ることも可能です。micro SDカードを取り出して、パソコンのほうで再生・保存することもできます。

 

角度調整

専用ブラケットは、上下左右に調整できますから、高い場所に取り付けても、カメラを下向きに調整すればいいだけです。

 

防犯カメラを屋外に設置することで防犯効果が高まりますし、SDカードに録画映像を残しておけば、いざというときの決定的な証拠を押さえることができるのです。

 

 

まとめ

今回は、屋外でも設置できるSDカードの使用可能な防犯カメラのメリットと合わせてデメリットについてご紹介しました。

メリットとして、映像記録を保管することが可能であること、取付が簡単であること、サイズが小さいため扱いやすいことがありました。

ただメリットだけでなくデメリットについても挙げてきましたので、総合的にSDカードが使用可能な防犯カメラの特徴を知っていただく必要があります。

記事内では、SDカード使用可能で、屋外を撮影できる防犯カメラを紹介していますので、どのような商品なのかご覧ください。

今回の記事を参考に、SDカードで録画でき、屋外を撮影できる防犯カメラの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!