特殊詐欺の最新手口を徹底解説!騙されないためにはどうするべきか?

オレオレ詐欺や還付金詐欺など、最近は特殊詐欺と呼ばれる犯罪の被害件数が多くなっています。

ニュースでも度々、こうした詐欺を取り上げることがあるので、

事前に対策している方も多数いますが、以前として詐欺の被害件数は増える一方です。

なぜ、しっかりと対策をしているにも関わらず詐欺の被害に遭ってしまうのでしょうか?

答えは簡単で、対策が施されていくにつれ、新しい詐欺の手口もどんどん増えていくからです。

なので、詐欺の被害に遭わないためにはまず、最新の詐欺手口を確認しておく必要があります。

この記事では、特殊詐欺の最新手口を具体的に解説した上で、対策方法をご紹介していきます。

詐欺の被害者にならないためにも、この記事をじっくり読み込んでおきましょう。

特殊詐欺の最新手口

電話やネットを介して、相手から金銭を騙し取る詐欺のことを特殊詐欺といいます。

特殊詐欺の被害総額は、年間400億円前後だと言われています。

被害総額・被害件数ともに増加傾向にあるので、

警視庁や消費生活センター等では詐欺の注意喚起が行われていますが、以前として被害件数は増える一方です。

冒頭でも述べたとおり、詐欺の被害に遭わないためには詐欺の手口を理解しておくことが大切です。

それでは特殊詐欺の最新手口について見ていきましょう。

 

オレオレ詐欺

特殊詐欺のなかで最も有名なのはオレオレ詐欺です。

ニュースなどでも頻繁に取り上げられているので、知らない方はいないかと思います。

電話を受けた人の息子や娘に詐欺グループがなりすまし「お金がなくて借金していた。

借金の返済が今日までだから今すぐお金が必要」などといい、お金を騙し取るのがオレオレ詐欺の手口です。

歳をとって判断力の鈍くなった高齢者がよく狙われる詐欺となっています。

 

架空請求詐欺

 インターネットが普及するにつれて、被害に遭う方がでてきた詐欺が架空請求詐欺です。

Youtubeで「架空請求業者を撃退してみた!」などの動画で面白おかしく取り上げられている架空請求詐欺ですが、

実際にこちらの詐欺の被害に遭っている方は一定数います。

自分は引っかからないだろうと思っていても、いざそういった架空請求の電話がかかってくると不安になってしまうものです。

見に覚えのないサイト利用料の催促電話は、気にせず無視するように心がけましょう。

 

還付金詐欺

税務署や区役所などになりすました詐欺グループが「税金が戻ってくる」などと話し、

その手続きの手数料として多額のお金を騙し取る詐欺のことを還付金詐欺といいます。

ほかの詐欺と違って国の機関を名乗ってくるので、どんなに用心深い人でも信じてしまうのがこの詐欺の特徴です。

税金が戻ってくるなどの上手い話はすぐに信じないようにし、本当にそこから電話がかかってきたのかを確認するようにしましょう。

 

マイナンバー詐欺

 最近はマイナンバー制度に便乗した詐欺が多発しています。

市役所の職員を装った人が訪問してきて「マイナンバーカードの発行にお金がかかります」と話し、

登録手数料としてお金をだまし取ってくるのがマイナンバー詐欺の手口です。

マイナンバーカードを発行するかどうかは個人の自由となっているので、市役所職員がわざわざ訪問して発行の催促はすることは絶対にありません。

このことを覚えておけば、この詐欺に引っかかることはないと思います。

 

災害募金詐欺

 人の善意を悪用した最低な詐欺なのが災害募金詐欺です。

地震や洪水などによって被災してしまった地域に、なにかしら支援したいと考えている方は多いかと思います。

このような人がターゲットとなるのが災害募金詐欺です。

災害復興支援団体になりすまし「募金をお願いします」といって、所定の口座にお金を振り込ませるのが災害募金詐欺の手口です。

本物の支援団体なら電話で募金の催促をしてくることなんてありませんので、引っかからないように気をつけてください。

 

自動音声ガイダンスを使った詐欺

最新手口の特殊詐欺のなかで最も厄介と言っていいのが、自動音声ガイダンスを使った詐欺です。

ほかの電話詐欺と違って、まずはじめに機械音声が「あなたの通帳を預かっています。

詳細を聞きたい方は○番を押してください」と言ってくるので、逆に詐欺なのかどうか判別しにくいのがこの詐欺の特徴です。

指定された数字を押すと、詐欺の犯人に電話がつながるといった仕組みです。

声色などが一定の機械音声が話してくるので、嘘かどうか判別しにくく非常に厄介な詐欺となっています。

特殊詐欺の対策方法

時代が変わるにつれて詐欺の手口も変わってきています。

インターネットや電話が使える便利な時代ですが、身元を明かさずにやりとりができることを逆手に取った詐欺が増えてきているんですよね。

こういった詐欺に遭わないためには、一旦冷静になって考えてみるということが大切です。

ほとんどの詐欺に共通して言える特徴は、不安を煽ってお金をだまし取ろうとしてくることです。

しかし、こういった詐欺は冷静になってよく考えてみると、すぐに詐欺だと分かるケースが多いです。

少しでも怪しいと感じたら、すぐにはお金を振り込むなどの行動に移さず、一旦冷静になって考えてみるようにしましょう。

 

ボイスレコーダー ICレコーダー 小型 高音質 長時間 録音

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

 

まとめ

 特殊詐欺の最新手口について解説しましたが、いかがでしたか?

時代の進歩につれて、詐欺の手口も新しいものがどんどん増えてきています。

こうした詐欺に騙されないためには、詐欺の手口を確認しておくことが一番大事です。

手口を確認できたら、家族内で具体的な対策方法を話し合っておくようにしましょう。

 

最新情報をチェックしよう!