あおり運転はなぜ起こる?予防、対策するオススメはステッカーを貼る

近年ニュースなどでも多く報道されているあおり運転、危険運転。

あおり運転、危険運転という言葉をニュースで耳にしていても、実際どのような行為があおり運転になるのか?というのを詳しく知らないという人が多いでしょう。

あおり運転、危険運転について理解しておかなければ、自分が被害者になってしまうこともありますし、加害者になる場合もあります。

では、今回はあおり運転について、あおり運転を予防するためのステッカーについても紹介していきます。

あおり運転とは?

そもそもあおり運転とはどのようなものなのでしょうか?

あおり運転というのは、自動車を運転している際に車間距離を車1台分以下に詰めたり、幅寄せを行った場合の危険運転のことを言います。

あおり運転や危険運転と言ってもはっきりとした概念は決まっていません。

運転する上で危険な行為をした場合、された場合にあおり運転と言われることが多いようです。

自分的にはあおり運転していないつもりでも、相手にとっては運転する上で危険な行為をされた(あおり運転された)と思われる場合もあります。

なので、お互いに気を付ける必要があるというわけです。

 

あおり運転はどうして起こるの?

あおり運転はなぜ起こるのでしょうか?

では、あおり運転が起こる原因について紹介していきます。

あおり運転は上記でも紹介したように危険な運転をした場合、された場合のことです。

自分があおり運転ではないだろうと思っていても、相手にとってはあおり運転と思われることもあります。

意識的なあおり運転ではないこともあるというわけです。

また、あおり運転が起こる原因としては様々あります。

 

被害者に原因がある場合

・低速で走行している
・急な車線変更をしている
・ハイビームのまま走行している
・ペーパードライバー
・軽自動車の場合

加害者に原因がある場合

・自分の運転に自信がある
・目的地に早く行きたい

 

このように加害者に原因がある場合もあれば被害者に原因がある場合もあるのです。

しかし、どんな原因があろうとあおり運転をするのはダメなことです。

あおり運転をすることで事故に繋がることにもなります。

あおり運転されないような走行をするという意識を持つことも大切ですが、加害者はあおり運転をしないように優しく見守るということも大切ですね。

 

あおり運転を予防するためにステッカーを貼ろう!

あおり運転をされないためにどのような予防法、対策法があるのでしょうか?

上記で紹介したように基本的にはあおり運転をされないように、走行には十分に注意し、

加害者もあおり運転、危険運転とされる行為をしないようにするというのが大切になります。

しかし、これだけでは不安という人もいますよね。

あおり運転、危険運転は、自分が気を付けていても相手次第ではされることがある場合もあります。

では、あおり運転を予防、対策するための方法について紹介していきます。

 

あおり運転を予防、対策するためのオススメの方法の1つとしては、あおり運転防止ステッカーを貼ることです。

「ドライブレコーダーで録画中」というステッカーや、

「お先にどうぞ」というようなステッカーがオススメです。

「ドライブレコーダーで録画中」というステッカーを貼っていれば、

「ドライブレコーダーで撮影されている→あおり運転の証拠として警察に提出される→警察に逮捕される」

というような流れを多くの人は、連想することになるため、あおり運転をされなくなります。

 

「お先にどうぞ」というステッカーを貼っていれば、「この車は低速で走ること前提なのか!それであれば追い越そう!」

という気持ちになり、そもそもあおり運転しようという気持ちにはならなくなります。

 

このようにステッカー1つであおり運転されにくくなるのでオススメです。

ステッカーも今は様々な種類があり、インターネットショップ、カー用品店で販売されていたり、ホームセンターなどで販売されていたりもします。

 

また、オリジナルの自分で考えたステッカーを貼りたい!というのであればステッカーを作ってくれる専門の人に依頼してもいいですし、

パソコンから自分で作ることもできるのでオリジナルステッカーを作ってみるのもありですね。

 

あおり運転は絶対ダメ!あおり運転予防専用のステッカーがオススメ!

今回はあおり運転について、あおり運転予防のためのステッカーについて紹介してきました。

あおり運転は運転する上で危険な行為をした場合やされた場合のことです。

あおり運転は加害者に問題がある場合がほとんどですが、実は被害者が100%悪くないということはないのです。

もちろん、どんな状況であってもあおり運転や危険運転をするのはよくありません。

なので、あおり運転をしない、されないために運転する際は注意が必要です。

あおり運転されないためにもステッカーを貼るのがオススメです。

「ドライブレコーダーで録画中」や「お先にどうぞ」などのステッカーを貼ってみるといいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!