あおり運転されやすい車種?してくる車?あおり運転加害者の特徴とは

あおり運転はとても危険な行為です。

あおり運転をすることで事故に繋がる場合もあります。

あおり運転はどのような車種の人がされやすいのでしょうか?

また、あおり運転はどのような車種の人がしてくるのでしょうか?

あおり運転はどのような特徴があるのでしょうか?

では、今回はあおり運転に関する車種や特徴について紹介していきます。

 

あおり運転されやすい車種

あおり運転されやすい車種というのは何があるのでしょうか?

あおり運転されやすい車種は、軽自動車やコンパクトカーが多くなっています。

軽自動車やコンパクトカーはその名の通りサイズが小さい車のことです。

軽自動車やコンパクトカーはサイズが小さいがために、あおってもさほど影響がこちらにないだろうという心理が働いてしまったり、女の人が乗っていることが多いので、女の人であれば何もできないだろうという心理が働いてしまうというわけです。

これらの心理が働くことで軽自動車やコンパクトカーにあおり運転してしまうのです。

 

あおり運転してくる車種

あおり運転してくる車には、どのような車種が多いのでしょうか?

あおり運転してくる車種の多くは、セダンやバン、トラックなどの大きいサイズの車が多くなっています。

大きめのサイズの車があおると威圧感がありますよね。

威圧感のある車にあおられると太刀打ちすることができません。

さらにセダンやトラックなどに乗っている人は、いかつい人が多いようなイメージがあるので、怖いという心理になってしまい、あおり運転されてもなにもできない状況になってしまいます。

あおり運転してくる人はこれを狙い、大きなサイズの車であおり運転するというわけです。

あおり運転してくる人の特徴

あおり運転してくる人はどのような特徴があるのでしょうか?

では、あおり運転してくる人の特徴について紹介していきます。

 

時間に余裕がない人

まず、時間に余裕がなくなってしまうと、運転自体も余裕がないような運転になってしまいます。

本来であれば時間に余裕を持って自宅をでればいいのですが、時間管理ができていない人などはどうしてもあおり運転をしてしまうという人が多くなります。

高級車に乗っている人

高級車に乗っている人すべてがあおり運転をする人の特徴に該当するというわけではないのですが、高級車に乗っているが凡人な人はあおり運転をする人の特徴です。

高級車の高級感に気取ってしまい、周りからの視線を集めたいがために、あおり運転をしてしまうという人がいるのです。

正義を振りかざす人

急な車線変更をされた、法定速度を守っていない、変な運転をしているという人に対し、交通ルールが守れていないことを知らせるためにあおるという人がいます。

交通ルールを守らないというのも悪いのですが、それにあおり運転をするというのもよくありません。

悪質な人

あおることを楽しむ人もいます。

あおることがかっこいい、あおるのが面白いと思っている人があおり運転をすることがあります。

 

 

あおり運転はどんな対策をすべき?

あおり運転をされない、しないためにもどのような対策があるのでしょうか?

では、あおり運転の対策について紹介していきます。

 

あおり運転をされないための対策

 

・ドライブレコーダーを付ける

ドライブレコーダーは一番効果的なあおり運転対策です。

あおり運転の様子をドライブレコーダーで撮影しておけば証拠にもなりますし、ドライブレコーダーを付けているだけで証拠にされると思って、あおり運転しようとしていた人もしなくなります。

 

 
・ボイスレコーダーを持ち歩く

ボイスレコーダーを持ち歩くことで声を録音することができます。

ドライブレコーダーの種類によっては音声を録音できないものもあるのでボイスレコーダーを持ち歩くといいでしょう。

ボイスレコーダー 小型 高音質 長時間 録音 ICレコーダー

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

 

 

・ステッカーを貼る

「ドライブレコーダーで録画中」や「お先にどうぞ」などのステッカーを貼るといいでしょう。

ステッカーを貼るだけでもだいぶ違います。

ステッカーを貼ることで相手に意識させることができるのです。

 

 

・変わった運転をしない

変わった運転はしないようにしましょう。

急な車線変更や低速での走行などはあおられる元でもあります。

 

あおり運転をしないための対策

 

・気持ちや時間に余裕を持つ

あおり運転をすることがないように気持ちに余裕を持つようにしましょう。

気持ちだけでなく時間もです。

気持ちに余裕をもち、時間に余裕がもてるようになれば焦ったり、イライラすることも少なくなります。

・相手にしない

変な運転をしている人がいても相手にしないようにしましょう。

相手にしないことであおり運転をすることがなくなります。

 

あおり運転の対象車種や特徴を覚えておこう!

今回はあおり運転に関する車種や特徴について紹介してきました。

あおり運転は軽自動車やコンパクトカーなどの小さいサイズのものがされやすく、セダンやバン、トラックなどの大きなサイズのものがあおり運転しやすい車となっています。

あおり運転をしない、させないためにも対策を取りましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!