オレオレ詐欺、振り込め詐欺の手口|やっておくべき対策とは?

最近被害に遭う件数が増えてきているオレオレ詐欺。

自分は大丈夫だろうと思っていても、いつ知らぬ間に騙されて、大金を取られてしまう可能性がある犯罪が詐欺です。

近年、大問題になっているオレオレ詐欺ですが、実は若い人でも引っかかってしまう方がいます。

この記事では、オレオレ詐欺の被害に遭わないためにはどうすればいいのかを説明します。

どうか、みなさん「自分は大丈夫」と思わずに、全文読んでください。

 

オレオレ詐欺の手口とは?

オレオレ詐欺は、高齢者の被害件数が多い詐欺です。

お子さんのいない方なら「オレオレ」と相手が息子だと名乗ってきても、引っかかることはまずありませんが、

お子さんがいる高齢者の方だと「息子のためなら」と大金を支払ってしまうことが多いんです。

最近は、オレオレ詐欺の注意喚起がよくされているので対策してる方も多いですが、それに合わせてオレオレ詐欺の手口も進化しています。

まずは、オレオレ詐欺の手口を知ってから、対策するようにしましょう。

オレオレ詐欺の手口は、主に以下の3つです。

• 落とし物詐欺
• 上京型詐欺
• 誘い出し詐欺

 

落とし物詐欺の手口

こちらのオレオレ詐欺の手口は、息子を名乗る者から「大金の入ったカバンを電車に忘れた。

今すぐお金が必要だから貸してくれ」ということから始まります。

その後、「息子さんの手荷物を預かっております」などと鉄道会社の社員になりすました人が電話をかけてきます。

この電話を聞いた方は、「あとでお金は戻ってくるから貸してあげよう」と考え、多額のお金を支払ってしまうのです。

鉄道会社から、電話がかかってくることで、本当に息子はお金を忘れてしまったのだと思い込み、焦ってしまいます。

まずは電話をかけてきたのが、本当に鉄道会社なのか、相手先の電話番号を調べ、詐欺かどうかを判断しましょう。

 

上京型詐欺の手口

「仕事の業務で使うはずの会社のお金を紛失してしまったから、東京まで届けにきて欲しい。」

電話で、このように切り出されるのが上京型詐欺です。

息子が大変だと思って東京に行くと、息子の上司を名乗るものが、お金を受け取りにくる手口の詐欺です。

この詐欺は、高齢者は引っかかりにくいものです。

高齢者の方は、お金を東京まで持ってきてほしいと言われても、すぐに移動することができない。

移動する準備をしている最中に、一旦冷静になって考える時間があるので、そのときに詐欺だと気づくことが多いです

上京型詐欺に引っかかりやすいのは心配性の方なので、息子からお金を貸して欲しいと頼まれても、すぐに行動には移さないようにしましょう。

 

誘い出し詐欺の手口

「大事な書類を間違った取引先に送ってしまって、大変なことになっている」と電話があることで始まる手口の詐欺です。

「誤送付した先から、重要書類の情報を流してほしくないなら、金をもってこいと脅されれているから、お金を貸してほしい」といったことを話してきます。

この後、上司になりすました詐欺師から「タクシーを向かわせるから、急いで金を持ってきてほしい」と連絡があります。

冷静になって考える時間を作らせないことで、正常な判断ができず、大金を騙し取られてしまうのがこの詐欺の特徴です。

近所や警察に怪しまれないよう、人気の少ない場所に移動させられるので、1人だけで判断しないようにしてください。

電話の直後に車が来るのは明らかにおかしいので、そういった話には騙されないようにしましょう。

 

オレオレ詐欺の対策方法

オレオレ詐欺は、事前に対策をしておくことで、被害を食い止めることができます。

高齢者のいるご家庭は、念入りに対策方法を話し合っておくようにしましょう。

まずは、比較的簡単にできるオレオレ詐欺の対策方法を実践してみましょう。

具体的には、以下の通りです。

1. 合言葉を決めておく
2. 日頃から連絡を取り合っておく

 

合言葉を決めておく

オレオレ詐欺の対策に最も効果があるのが、合言葉を決めておくことです。

家族間しか知らない合言葉を決めておくことで、電話があった時に本当に自分の子供なのか判断できるようになります。

特に新手のオレオレ詐欺師は、ターゲット近辺の情報を念入りに調べてから電話をかけてきます。

そのため、一度は怪しいと思っても、うまく言いくるめられ、結局お金を騙し取られてしまうことが多いのです。

合言葉なら、自分に関しての情報を調べていたとしても分からないので、よっぽどしぶとい詐欺師でなければ引っかかることもありませんよ。

 

日頃から連絡を取り合っておく

オレオレ詐欺の対策で重要なのは、自分の子供と頻繁に取り合っておくことです。

そもそも、オレオレ詐欺というのは、息子・娘になりすました詐欺師から電話がかかってくることから始まるので、子供のいない家庭なら引っかかることはありません。

気をつけるべき対象の方は、子供がある程度育って巣立っていたご家庭になります。

オレオレ詐欺の被害に遭わないために、子供とは頻繁に近況報告するようにしてください。

そうすれば子供が今どんな状況なのかを把握できるので、オレオレ詐欺に引っかかりにくくなりますよ。

 

まとめ

オレオレ詐欺の対策方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

最近はオレオレ詐欺の被害がニュースになることも多く「自分もいつか狙われるのじゃないか」と不安になっている方も多いはずです。

しかし、オレオレ詐欺はしっかりと家族で対策方法を話しておくことで、未然に防ぐことができます。

この記事に書いてあることを参考にしながら、家族でオレオレ詐欺について話し合ってみてください。

 

ボイスレコーダー ICレコーダー 小型 高音質 長時間 録音

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

 

最新情報をチェックしよう!