防犯カメラ、監視カメラはどこに置けばいい?効果的な設置場所とは

家の留守中に空き巣などに入られるのは心配です。

最近は空き巣対策のため、自宅に防犯カメラを設置する家庭が増えてきています。

防犯カメラを購入するのはいいですが、どこにカメラを設置すればいいのか分からない方が多いです。

そこで、こちらの記事では「防犯カメラの効果的な設置場所」を具体的に解説します。

空き巣に対して、効果的な抑止力を発揮することができる防犯カメラの設置場所について書かせて頂きます。

防犯カメラの役割とは

防犯カメラは人目のつきにくい場所や時間帯に、その場所の人の動きなどを記録しておくためのものです。

防犯カメラを設置しておくことで、トラブルや事件が起きた際の解決を早めることができます。

実際に事件が起きた時に、防犯カメラのおかげで解決の糸口がつかめたということがたくさんあります。

最近では、街を歩けばいたるところに防犯カメラが設置されています。

防犯カメラを個人の家で設置する場合、その役割は空き巣対策になります。

家を外出した時に空き巣に入られるのが心配という方は、防犯カメラを設置するといいですね。

家に防犯カメラが設置されているだけでも、空き巣犯を威嚇することができますから、空き巣が入り込む対象でなくなる可能性が高まります。

楽天市場やアマゾンなどインターネットショップで、防犯カメラを購入できるので、家の防犯対策を強化したいという方は、買ってみるといいでしょう。

 

防犯カメラの撮影範囲

防犯カメラにはいろいろな種類があり、撮影できる範囲は様々です。

設置したい場所に合った防犯カメラを設置しないと、結果的に犯人の顔が不鮮明で分からないといった問題があります。

まずは、防犯カメラを設置したい場所を決めて、どのくらい撮影できるカメラが適しているのかを把握しておきましょう。

基本的に屋内では近距離用、屋外では長距離用の防犯カメラを購入するといいですよ。

撮影範囲が決まったら防犯カメラを購入することになりますが、ネットで購入する場合には注意が必要です。

特に、中古の防犯カメラを買う時には注意しなくてはいけません。

撮影範囲が広くても画質が悪ければ、トラブルが起きた時などに犯人を識別できないこともあります。

最新の高画質の防犯カメラを設置することをお勧めします。

 

防犯カメラの設置場所

せっかく防犯カメラを取り付けても、場所が悪ければ画像が不鮮明になったり、正確に記録できなかったりします。

防犯カメラを設置するときは、その場所に合った最適なところに取り付けるようにしましょう。

 

屋外

屋外の効果的な設置場所は、以下の通りです。

1. 出入り口
2. 駐車場
3. 住居の死角

家を狙う不審者を撮影するためには、出入り口に防犯カメラを設置することが、重要です。

留守時を狙う空き巣犯は、各建物の防犯対策を意識して、忍び込む家を選別しています。

出入り口のところに堂々と防犯カメラを設置することで、不審者に対して警告の効果があり、一番可能性のある出入り口からの不法侵入を防止することができます。

駐車場に関しては、盗難やいたずらの防止に効果があります。

近年、駐車しておいた車にいたずらされるケースが多発しています。

こういった問題を未然に防ぐために、公共の駐車場などでは防犯カメラが取り付けられています。

自宅の駐車場でもいたずらがないとは言い切れないので、万が一いたずら・盗難対策として、防犯カメラを設置しておきましょう。

本来、防犯カメラは、人目の届かない場所を監視するために作られたものですので、家が広い場合は死角に防犯カメラを設置したほうがいいです。

空き巣は玄関から堂々と入ってくるわけではありません。人目の届きにくい窓など死角から侵入してきます。

不審者から自宅を守るためにも、死角ほどセキュリティを高めておきましょう。

 

屋内

屋内に防犯カメラを設置する場合、その役割は人の監視だけではありません。

留守中のペットや子供を見守ることにも、防犯カメラを活用することができます。

家に防犯カメラを設置するなら、インテリアを邪魔しないデザインのものを選んだほうがいいです。

お店でよく見る一般的な防犯カメラだと、インテリアを邪魔してしまうので、ドーム型や置き型の防犯カメラを購入することをおすすめします。

ドーム型なら全体を見渡せる天井に設置するのがいいです。

侵入者に対しての威嚇とはなりませんが、老人や子供、ペットを見守ることにも利用dすることができます。

自宅の状況をリアルタイムでスマホに送ってくれるWi-Fi式のカメラもございますので、不在時も安心です。

防犯が主な目的でない場合は、インテリアに合った高機能の機種を選ぶといいですよ。

 

200万画素 防犯カメラ SDカード 録画 有線 屋外 防水

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

 

まとめ

この記事では「防犯カメラの効果的な設置場所」について解説しました。

防犯カメラは設置しておくだけでも、不審者への威嚇となります。

屋外の場合は家の死角や出入り口に、屋内の場合は部屋を見渡せる天井に防犯カメラを設置することをオススメします。

防犯カメラは適切な位置に設置して、自宅のセキュリティを高めましょう。

最新情報をチェックしよう!