防犯カメラでプライバシーが侵害?!近所からくる苦情トラブルとは?

防犯対策として防犯カメラの設置をしている方が多くいらっしゃいますが、

防犯カメラの設置は、ときに肖像権やプライバシーの権利を侵害する場合があります。

ただ現状として防犯カメラの設置場所や撮影画像の管理、第三者への画像開示などの詳細ルールが定められていないのです。

これから防犯対策をする場合は、どのように防犯カメラを扱えばよいのでしょうか。

今回は、防犯カメラによる近所からくる苦情トラブルについてご紹介します。

防犯カメラ設置による裁判例

防犯カメラを設置したり、画像を使用したことにより、

個人のプライバシーの権利と損害賠償請求をめぐって裁判が起こされた事例があります。

判決では「公表すべき公益性」と「プライバシーの権利」を比較した結果、

社会生活上の受忍限度を超えなければ違法にならないという判決が出されているのです。

共同住宅で発生した苦情トラブルで、ゴミ捨てトラブルの解決を目的として、

住民の行為確認を行なうために防犯カメラが設置されたことで裁判に至った例もあります。

その結果、個人的権利の侵害が裁判で認められたため、防犯カメラ設置者に損害賠償請求を命じているのです。

何の公益性もない防犯カメラは「違法な防犯カメラ」という扱いになり、法的に撤去請求が認められるケースがあります。

 

近所からくる防犯カメラ設置の苦情トラブル例

例えばAさんが防犯対策のため、自宅の玄関先に向けて防犯カメラを設置したところ、

お向かいのBさんが「Aさん、お宅の防犯カメラが私の家を映している、それはプライバシーの侵害だ」と言ってくるケースです。

防犯対策のために防犯カメラが近所に向けられていても法律上問題はないのですが、

Bさんの家を監視る目的で防犯カメラを設置するのは問題がありますし、

その画像をSNSなどに掲載するのもプライバシーの侵害にあたる場合があります。

ただ今回のケースでは、Aさんは防犯対策をとるために防犯カメラを設置していることが明らかです。

このような苦情トラブルの場合は、AさんとBさんの間にどれだけの信頼関係が築かれているのかも重要なポイントでしょう。

 

今回の例ではAさんがBさんの不安を取り除くことで解消される場合があります。

例えば、AさんがBさんに「防犯カメラの映像はAさんが被害に遭ったときのみチェックする」

「もしBさんの家に被害があった場合はAさんの防犯カメラの映像を提供する」

「AさんとBさんの家の間を走る道路で犯罪が発生した場合に映像を提供する」

などをBさんに提案することで、Bさんの不安を取り除くことができるのです。

ご近所同士で防犯カメラ設置をめぐる苦情トラブルがあった場合は、このような話し合いをし、近所から理解を得るといいでしょう。

 

商店街や街なかの防犯カメラ設置の苦情トラブル例

最近では商店街や街なかにも防犯カメラが設置されています。

不特定多数の方が行き交うところに防犯カメラが設置されていると、プライバシーが侵害されているのではないかと不安になるところです。

基本的に商店街や地域に設置されている防犯カメラは、設置されるときに役員だけが防犯カメラのチェックができるなどのルールが定められた上で設置されているケースが多くあります。

ただ地域住民にも、防犯カメラの映像を誰がチェックできて、どのようなときにチェックするのかを広報しておかなければ苦情トラブルにつながることは言うまでもありません。

 

自宅の防犯対策は必須!苦情トラブルにならない防犯カメラの使用方法とは?

防犯カメラの設置は防犯対策に大きく貢献することが間違いありません。

自宅を守るためには出入口や窓部分が映せるように防犯カメラを設置することが効果的でおすすめできます。

ただ防犯カメラの設置場所によっては、近所のお宅を映すことになるかもしれません。

近所の方が「自分の家のほうに防犯カメラが向けられているのが気になる」と言ってきた場合は、

記事でご紹介したように相手方ときちんと話しをする必要があります。

最近の防犯カメラは鮮明な画像を記録することができますので、防犯効果はかなり高くなっています。

スマホやタブレットを使えば画像を中継で確認することができ、もし空き巣など不審な人物が映った場合は遠隔操作で警告を発することが可能です。

警告を発することで空き巣も大慌てで逃げていきますので、物品を盗まれたり、キズつけられたりするのを防ぐことができるでしょう。

防犯対策をとるためには、防犯効果が高く得られる防犯カメラの設置がおすすめです。

 

200万画素 防犯カメラ SDカード 録画 有線 屋外 防水

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

 

まとめ

今回は、防犯カメラによる近所からくる苦情トラブルについてご紹介しました。

記事では防犯カメラを設置したことで発生する近所の苦情トラブルの例をあげています。

防犯カメラの設置や使い方をめぐって裁判が起こされる可能性があることについてもお示ししました。

防犯カメラを設置するときは、近所から苦情トラブルが起こりうることを想定しなければいけませんし、

もし苦情があった場合は、近所の方と話し合いをしてトラブルを解決する必要があるでしょう。

防犯カメラを設置することで、あなたの家を守ることができるのはもちろんのこと、近所の防犯対策にもなります。

最近の防犯カメラは画像が鮮明ですし、暗いところでも怪しい人物がいることを記録することができますので、防犯対策で防犯カメラの設置は効果的です。

今回の記事を参考に、近所の方の理解を得るとともに、高いい防犯効力を発揮する防犯カメラを設置しましょう。

最新情報をチェックしよう!