ダミーの防犯カメラで泥棒撃退!屋外設置が最も効果的

出張や旅行などで家をあける際に不安なことといえば、泥棒に入られることですよね。

どれだけ戸締まりを確認しておいたとしても、家主が家にいないタイミングを狙って家に侵入してくることがあるので、いくら念入りに防犯対策をしていても金品を盗まれる可能性はあります。

しかし、しっかりと防犯対策をしていれば、泥棒に入られる可能性を低くすることができます。

防犯対策の中でも最も効果的なのは、防犯カメラを設置することです。最近は、実際に録画する機能はなくとも、防犯対策に効果がある「ダミーカメラ」が流行っています。

そこでこの記事では、おすすめのダミーカメラについて詳しく解説していきます。

 

ダミーカメラとは?

防犯カメラを模して作られているものの、実際に映像をモニターに映して監視したり、動録画する機能がないものをダミーカメラといいます。

泥棒などに入られないようにするためには、防犯カメラを設置しておく必要がありますが、本物の防犯カメラは敷居が高いです。

安価なものはありますが、電気工事や配線工事が必要です。

実は、泥棒対策のために防犯カメラの設置を検討している方は多いのですが、そのほとんどは防犯カメラの工事の必要性や工事費用を知り、購入を諦めることが多いです。

特に高機能な防犯カメラですと、高額商品となり出費がかさみます。

 

その点ダミーカメラなら、電源工事や配線工事など設置費用もかかりませんし、本物の防犯カメラを購入するよりも安く手に入れることができます。

実際に泥棒に入られたときのことを考えると、録画機能のある防犯カメラのほうがいいですが、ダミーカメラでも十分、威嚇させることができますよ。

泥棒・空き巣に入られる確率を少しでも低くしたいという方は、ダミーカメラの購入を検討すると良いでしょう。

 

 

ダミーカメラのメリット

ダミーカメラは防犯カメラと比べると、機能面では圧倒的に不利ですが、ダミーカメラにしかないメリットがあります。

数あるメリットの中でも、特に注目したいダミーカメラのメリットは以下の4点です。

 

工事が必要なく簡単に設置できる

通常、防犯カメラを設置する際は電源工事などが必要となりますが、ダミーカメラなら面倒な工事をすることなく自分で設置することができます。

高い場所に自分で設置するとなると、手間はかかりますが、ダミーカメラはその後のメンテナンスがほぼ必要ありません。

 

泥棒に入られる可能性が低くなる

泥棒は犯行を犯す前にかならず、どの家に侵入するかの下見をしています。

そもそも泥棒に入られやすい家というのは、留守中でも窓が空いているなど、あきらかに防犯対策されていなさそうな家になります。

犯人側も馬鹿ではありませんから、逮捕されないようにしっかりと泥棒に入る家を選別しています。

泥棒の心理を逆手に取って、防犯カメラを見える位置に設置しておけば、たとえそれがダミーであったとしても、下見の段階で侵入する家から除外されるようになりますよ。

 

 

ダミーカメラを設置するのにおすすめの箇所

ここまでダミーカメラのメリットを説明してきました。

録画機能はなくとも、そこにカメラが設置されていると認識されるだけで、防犯対策に高い効果が発揮されると分かっていただけたかと思います。

そんなダミーカメラですが、普通の防犯カメラと違い、使用目的は主に「泥棒への威嚇」となりますので、外から見える位置に設置しておかなければ意味がありません。

ダミーカメラを設置する箇所として特におすすめなのは、家の玄関と死角です。

泥棒は侵入する家を玄関と死角を見て選別していることが多いので、ダミーカメラを設置するなら玄関と死角の2箇所にがおすすめですよ。

 

 

おすすめのダミーカメラとは!?

ここまで読んでいただければ、ダミーカメラが防犯対策にどんな効果を発揮するのか分かっていただけたかと思います。

最後に、おすすめできるダミーカメラをご紹介します。

おすすめのダミーカメラはこちらです。

 

電源不要 ダミーカメラ センサーライト 屋外 ソーラー

楽天市場で見る

Yahoo!ショッピングで見る

Amazon.co.jpで見る

 

センサーライトで防犯対策できる

こちらのダミーカメラには、センサーライトがついています。

たんなるダミーカメラの場合、インディケーターライトが赤く点灯しているくらいで、センサーライトの機能はありません。ある意味飾りのようなものであり、防犯としての機能はないと言えます。

こちらの製品は、明暗センサーが暗さを感知して、夜になると自動的にLEDライトが発光します。

日中、ライトが点灯することはありませんので、電気消耗の心配がありません。

また、夜間にセンサーの前に動きを感知したら、自動的にLEDライトが発光しますので、泥棒空き巣など侵入者対策となります。

夜間、家の前に人が通ったときに、道路を点灯するようにしておけば、近所の住人の方にとっても有難いことになります。

また発光については、3段階の設定ができるので、常時点灯にしたり、動きを感知した時のみライトを点灯させたり、ライトの明るさを暗めに設定したりして長時間バッテリーを持たせることもできます。

 

ソーラーで自動充電

ダミーカメラ兼センサーライトには、本体と大きなソーラーパネルが一体化されており、日中に太陽光から充電をおこないます。日中に蓄えた電力で、暗くなったあとにセンサーライトとして働くというものです。

また、設置したあとは、自動的に充電されますから、半永久的に使い続けることができますし、ソーラー式の製品の利点はなんと言っても電気代がかからないことです。

 

 

まとめ

おすすめのダミーカメラを紹介しました。

ソーラー充電式のダミーカメラなら、面倒な電池交換をすることなく、防犯対策に高い効果を発揮してくれます。

ダミーカメラの購入に迷っているなら、こちらの商品を買っておけば間違い無いですよ。

最新情報をチェックしよう!